暮らしを楽しむ場 あいばこ

暮らしを楽しむ場 あいばこがオープンして、半年以上経ちました。
毎週、日々の暮らしをちょこっと楽しくするための様々なイベントを行っています。


そんなあいばこをあらためてご紹介したいと思います。

「あいばこ」というネーミングですが、相羽建設の社員に募集し
多数寄せられたネーミングの中から、設計者の小泉さん、伊礼さんを含め
携わったスタッフで決めさせて頂きました。

相羽の箱、愛の箱、出会いの箱。
なぜ「箱」なのかと言うと、「箱」には、お気に入りのもの、大切なもの、いつも使うもの、
秘密のもの・・・
使う人に合わせていろいろなものを仕舞うことができます。少し大きく考えれば、
住まいも人や暮らしを包み込む大きな箱だと言えます。
私たちは「あいばこ」という箱に、暮らしを楽しむ様々な物や
活動を包み込んで、訪れる人に新しい人や物や暮らし方に
出会える場所にしたいという想いが「あいばこ」というネーミングには込められています。

建築家 小泉誠さんと伊礼智さんに設計して頂いたあいばこには
設計的な見どころはいっぱいあります。
一つは、たたんで仕舞う事のできるキッチンカウンター
e0195939_20413075.jpg

e0195939_20465981.jpg

カウンターを止める丁番の位置を、カウンターの重心のちょっと上に付けているので
カウンターが下がった状態でもバタつかず、かつ起こし上げるのに、それほど力がいりません。
天井に見えるのは換気扇です。天井に埋める事で、すっきりさせています。


次は、間仕切りの家具
e0195939_20475712.jpg

畳の割り付けを家具と合わせています。すっきりと見せるこだわりです。

また家具をはじめ、見せるべき物と見せない物をちゃんと明確に区別していて
綺麗に納めている所が、ものすごく勉強になる設計です。

「たとえ設計や工事が大変だったとしても、完成してしまえば、その苦労した所が
わからないほど自然ですっきりしているっていうのが仕事の理想だ」と
このあいばこを見た某大工さんが言ってました。

プロの仕事というのは、そういった事なんだと、改めて感じました。

あいばこには、まだまだ見どころがいっぱいあり、
住まい手のみならず、設計に携わる人にとっても
参考になるところがあるのではないでしょうか?

ぜひ、あいばこに お越しください。
あいばこホームページ




● わくわく家づくり体験「こども工務店」*お申込み受付中
日時:5月20日(日)
午前の部9:00から・午後の部13:00から
会場:AIBAワークス
東京都東村山市青葉町1-25-14
交通:西武池袋線清瀬駅より西武バス久米川駅行き「全生園角」下車徒歩5分
または、西武新宿線久米川駅より西武バス清瀬駅南口行き「全生園角」下車徒歩5分
対象年齢:5歳以上
参加費:500円/子供1人(保険料含む)
・事前にお申込みが必要です
・定員になり次第、受付終了とさせていただきます
・汚れても良い服装でお越しください
[PR]

by sekkeibu | 2012-04-17 21:12 | 城丸 智也  

<< 安全パトロール メディカルモール >>