柱と格子

みなさんこんにちは
設計部 松崎です。


人間不思議なもので、広い空間、開放的な空間が好きな一方で、広すぎると生活していて落ち着かないものです。


そんな時、ある程度空間を区切って部屋にする必要があると思うのですが、壁を作ってしまうと、なんだか狭く、暗くなってしまう・・・。
さて困ったものですね。

そんな時にポイントになってくる物の一つに「柱」の存在があります。

e0195939_9352982.jpg


木造ドミノでおなじみの大きな「柱」。
柱があることでなんとなく部屋の区切りを感じることができます。
このあたりは、写真よりも実際に体感していただいた方が分かりやすいかもしれません。

e0195939_9354019.jpg


e0195939_9355164.jpg


同様に、格子も、空間の開放性や明るさを保ったまま空間がを分けることができます。

e0195939_9361765.jpg


e0195939_9364977.jpg


ソファーも後ろに格子を作ると落ち着いた場所になったりするものです。

e0195939_9371393.jpg


部屋の明るさ、広さ、用途を考えて、心地よい場所になるような計画を心がけています。
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-16 09:37 | 松崎  寛  

<< コサージュ 視線の先 >>