家の小道~アプローチ

こんにちは、仲田です。今日の東京の朝はとても冷え込みました。みなさんは風邪などひいてませんか?一緒に元気に年の瀬を越して行きましょう!

さて、いつも住まいの計画を考えていて思うのですが、建物そのものの間取りやその使いやすさ、外観のデザインなどはもちろん大切ですが、ついそれらに気を取られ、とかく後回しになりがちなのが外構計画。

予算などやむを得ないこともありますがこれが建物と一緒に考えていくべきだと思います。
まあ、極端な話、建物が割とシンプルなデザインや仕上げであったとしても、外構計画がよく練られた家は全体がにぎやかになり見栄えがするものです。

私は外構計画は新築時に完成させてしまうとちょっとつまらない、外回りは年月を経て育っていくのが良いと考えています。ですから植栽スペースなどは成長を見込んで少し間隔をあけて計画しておくと3年、5年と作りこめる楽しさが残って楽しいと思います。

少し大げさに言うと住まい手の気持ちや愛情が直接外に表れてくるところなわけです。

外構と絡めてアプローチの感じも家の特徴と雰囲気を作り出す重要な要素になります。ですからできればみなさんも一工夫してぜひ楽しんでほしいところと思います。

家の前の道から玄関までの間の小道をアプローチやペーブメントと呼んだりします。

コンクリートの小道。
e0195939_19194548.jpg

e0195939_19384851.jpg

ピンコロ石の石畳の小道。
e0195939_19204758.jpg

京都の土、真砂土で作った小道。
e0195939_1926111.jpg

e0195939_1936327.jpg

こちらも真砂土とセメントを固めた小道。
最初はまだ赤みが残っています。
e0195939_19184066.jpg

乾くと色味が薄まり落ち着いてきます。
e0195939_1919996.jpg

e0195939_19472756.jpg

みなさんはどんなアプローチを毎日歩きたいですか?

ではまた。
[PR]

by sekkeibu | 2011-12-12 19:40 | りきいし  

<< 電気ちょこっと、これからの家 続・ポスト >>