ガルバリウム鋼板

こんにちは
設計部松崎です。


相羽建設の建物ではおなじみの『ガルバリウム鋼板』で外壁を仕上げる建物。
一見するとトタン板のようなこの外壁ですがガルバリウム鋼板とはどんな素材なのでしょうか?



e0195939_7425476.jpg




ガルバリウム鋼板は、鉄にアルミニウムと亜鉛のメッキを施した金属です。(アルミニウムが55%)
一般的なメッキは亜鉛によるものなので、そこにアルミニウムを加えていることがガルバリウムの大きな特徴です。
メッキ処理を行うと、表面のメッキ素材が本体である鉄よりも先に溶け出します。そのため、本体である鉄の腐食を遅らせる事が出来ます。
メッキにもさまざまな種類のものがありますが、純粋な亜鉛をメッキしたものに比べて、ガルバリウム鋼板は、アルミニウムを混ぜることで、よりメッキの部分の腐食を遅らせ、長持ちのする素材となっています。
そのため、外壁の他にも、風雨にさらされる屋根や雨樋等外部で多く使用されています。



e0195939_744710.jpg




皆さん外壁の色にはお悩みですが、どの色がお好みでしょうか?
黒など、濃い色は建物が引きしまって見えます。
銀や、グレー等は、少し柔らかい印象です。
青や茶色で個性を出すのもよいかもしれません。



困った時は見学会や、モデルハウス等で実際の建物を見たり、スタッフへお気軽にご相談ください。
それでは失礼致します。





●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-08-26 07:48 | 松崎  寛  

<< モデルハウス宿泊体験 コミュニケーション >>