<   2012年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

こども工務店

相羽建設では夏に木工教室を開催しています。そこで子供たちが楽しみながら一生懸命
物づくりをしている姿、大工さんが楽しそうに教えている姿を見て
相羽建設の家づくりにはもっとたくさんの職人さんが関わっているじゃないか!
子供たちにもっと多くのものづくりを体験してもらえるじゃないか!と感じました。
また、地域の子供たちにものづくりの楽しさ喜びを感じてもらえる場をもっと増やしたい!
そんな想いから、「こども工務店」を企画しました。
「こども工務店」では、家づくりに関わる様々な職人の仕事にチャレンジして頂きます。
初の試みですが、きっと子供たちに楽しんで頂けるはずです。ぜひご参加ください。

「こども工務店」
日時:2012年5月20日(日) 午前の部9:00~ 午後の部13:00~
場所:AIBAワークス(東村山青葉町1-25-14)
対象年齢5歳以上 参加費500円(子供一人、保険料含む)


詳細については、相羽建設スタッフにお問い合わせください。



木工教室風景
e0195939_21104480.jpg
e0195939_2111664.jpg
e0195939_2115735.jpg
e0195939_21153634.jpg

[PR]

by sekkeibu | 2012-03-31 21:16 | 城丸 智也  

桜が咲くまでもう少し

皆さんこんにちは
設計部松崎です。

もう4月というのに、今年はなかなか『春』を感じるとが出来ていません。

少しずつ、穏やかな日にはなってきているけれども、梅の花は咲いているのは見ているけれども・・・・
何となく、今年は『春』が近付いている感じがしません。

こんな記事もありました。

気象庁によると、関東地方では今年、「春一番」が観測されなかった。春一番が吹かなかったのは2000年以来、12年ぶり。
同庁によると、今年は2月4日の立春から3月20日の春分まで、低気圧が日本海を何度も通過したが、たまたま条件を満たす南風が関東地方で観測されなかったという。

(2012年3月21日00時05分 読売新聞)


春一番が無かったせいもありますが、やはり桜の花の咲く様子を私がまだ感じていないからかもしれません。
去年の様子が気になってブログを振り返ってみると・・・有りました。

2011年4月7日のブログで桜のことを記事にしていました。
その時はこんな様子。

e0195939_10335873.jpg



桜が咲くまでもう少し。
通勤途中の自然のをよく観察して、早く『春』の訪れを感じたいと思います。
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-30 10:34 | 松崎  寛  

小屋裏

みなさんこんにちは。
設計部木村です。

今日は小屋裏について少しお話したいと思います。

小屋裏。屋根裏とも言いますね。
住宅を建てるとき、少しでも空間を有効活用したいとの思いから、最上階の天井と屋根の間の空間、つまり小屋裏部分を収納にしてしまおうということがよくあります。
弊社ではほとんどの物件にOMソーラーがついていますので、OMソーラーの本体(ハンドリングボックスといいますが)を設置するスペースとしても活用しています。

法的なお話をしますと、小屋裏の直下の階(2階建なら2階)の床面積の1/2までの大きさでありかつ、天井の高さが1.4m以内であれば、階とみなしません(つまり3階建にならない)。
言い換えればあまりに平面的に広かったり、人が立てたりするような天井高さだと、それ、小屋裏じゃなくてフロアーでしょ。ということになってしまいます。
平屋が2階建とみなされてもあまり問題ではないのですが、2階建が3階建とみなされてしまうと、詳細な構造計算が必要になったり、消防隊の進入口が必要になったり等、いろいろ大変です。
ですので、1/2、1.4m以内になるようにつくることが多いのです。

収納ですので圧迫感があったりしてもかまわないとは思うのですが、せっかくなので気持ちの良い小屋裏収納を。
ということで今日の写真です。

e0195939_1655964.jpg

奥に窓をつけてみました。
明るく、風の流れる小屋裏収納です。
e0195939_16562084.jpg

トップライトを設けました。
トップライトを開けると熱気がそこから逃げていきます!
昼間なら電気をつけなくても大丈夫ですね!

ただの物置にしては勿体ないですね!

それではこのへんで失礼いたします。
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-28 17:04 | 藤村志津  

社内勉強会

こんにちは、城丸です。

相羽建設では、定期的に社内勉強会を行っています。
毎回違ったテーマで、業務の事を話し合ったり
社員間のコミュニケーションをとったりと、いろいろやっています。

今回は、その中で設計部が発表した「コーチング」をご紹介したいと思います。

「コーチング」とは、相手の個人目標達成を支援するために
コミュニケーションなどをつかって、相手自身が自分の強みに
気づいてもらうというもの。

今回の発表では、実際に簡単なチェックリストをつかって、
自分や相手がどういった性格なのかを知ってもらいました。
それにより、自分がどういった性格なのか?
相手がどういった性格なのか?をお互いに理解しあい
今以上に協力していきましょうという内容で行いました。

実際に使ったチェック表はこちらチェック表
結構、当たっていて、面白いと思います。


チェック表で出てくるのは
プロモーター、コントローラー、サポーター、アナライザーの4種類です。

・プロモーターは、楽しさこそ人生で明るく、でもあきっぽい人
・コントローラーは、兄貴肌、でも寂しがり屋
・サポーターは、「いい人」 ノーと言えない人
・アナライザーは分析タイプの頑固

ちなみに、私はアナライザーでした。 
ちなみに、このタイプは
・計画を立てるのが得意だけど、変化や混乱には弱い。
・頑固で、孤独を気にしない。
・根拠のないほめ言葉は信用しない。・・・・という性格のようです。


・・・・・・・たしかに、そこそこ 当たっている気が。


これからは、相手の事をもっと気にかけて
コミュニケーションをとっていきたいと思います。
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-27 21:07 | 城丸 智也  

漆喰とニッチェ

こんにちは、仲田です。東村山の街はお花見に備えて通り沿いに提灯のお化粧が始まりました。皆さんの住む町ではお花見の準備などはいかがですか?
さて先週末は朝霞市のH様邸で完成見楽会を開催させて頂きました。
在来工法アイワークスです。玄関は造作の木製建具で優しい雰囲気です。
e0195939_1153722.jpg
土間の納戸もついていて自転車なども簡単に収納できます。室内の壁は本漆喰仕上げ。
白さが引き立ってとても明るいです。
e0195939_1195617.jpg
そんな塗り壁の廊下には小ぶりのかわいいランプ入りのニッチェがあります。
壁の漆喰を塗りまわして仕上げています。
e0195939_1215378.jpg
照明を兼ねたニッチェがアクセントになって楽しいですね。
e0195939_1172785.jpg
左官屋さんが施工しているときにお施主さんも立ち会ってつくりました。
e0195939_123296.jpg
サニタリーのさわらの壁にもニッチェが
e0195939_1241252.jpg
e0195939_1251120.jpg

こちらは1階の洗面所。お施主さんのお友達、諏訪の「スタヂオ クレ」さんの陶器ボール。
可愛いメルヘンを感じる住まいになりました。
みなさんもこんな楽しい住まいづくりはいかがですか?
ではまた。
営業:遠藤誠、設計:城丸智也、工事:相田隆行
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-26 23:49 | りきいし  

ainoha

皆さんこんにちは、設計部 松崎です。


みなさん、相羽建設の広報誌
「ainoha(アイノハ)」
を御存知でしょうか?
日々の暮らしがちょっと楽しくなるような情報を冊子にして、相羽建設スタッフが編集お届しています。


その「ainoha(アイノハ)」4月号は、以前私がリフォームのお仕事をさせていただいたお宅が表紙。
「マンションリフォーム」が特集されています。

e0195939_9232635.jpg



こうして、お仕事をさせていただいたお宅の暮らしを拝見出来ることはとてもうれしいことです。
今、流行りつつあるマンションリフォーム。
「ビッフォアー・アフター」結果は「ainoha(アイノハ)」4月号をお楽しみに


「ainoha(アイノハ)」の詳細はこちらです。



さてさて、今週末、3/24(土) 3/25(日)は以前「ainoha(アイノハ)」でも紹介のあった
朝霞市「趣味を愉しむ住まい」の完成見学会です。

建物の様子はこちらのブログでもご覧いただけます。

「my家 your家 」 担当営業、遠藤のブログです。


皆さんのご来場、お待ちしております。
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-23 09:03 | 松崎  寛  

都市防災に想う

こんにちは。仲田です。先週3/11は東村山市の防災訓練に参加してきました。
ステージは市役所前通りそのものです。ここの通りには警察、市役所、消防と3つの行政建物があり、災害時には即防災基地に早変わりできる重要なストリート。当日は朝から通りを閉鎖して準備が開始われました。私は倒壊した家屋、疑似店舗、道を塞いでいる乗り捨てられた乗用車(倒木やコンクリートで下敷きになっています)などを市の建設業の皆さんと協力してセットするお手伝いをさせて頂きました。
e0195939_2482841.jpg

ちなみにこの予防演習は市長の強い想いから音頭がとられ、急きょ3/11より遡ること10日程に召集、開催されることになったものです。
e0195939_2515699.jpg

さて、こちらレスキュー隊の演習模様の一コマ。車中に閉じ込められた市民を救出します。
e0195939_24913.jpg

油圧カッターで乗用車の屋根を解放中。そして見る見る間に要救助者を救出していきます。
e0195939_2492622.jpg

ダミーの人形は実物大で、荷重も人そのもの重さ。多分50キロは有りますか。実際運ぶのも一苦労しました。(演習用人形ですからリアルでした)
e0195939_2503185.jpg

警察署長より、行政、企業はもちろんですが、皆様のご家族でも有事の際は避難経路や集合場所、通信方法など、打ち合わせをしてお事をお勧めします、とのことでした。
みなさんもぜひ地域での緊急避難方法など、話しあってみてください。ではまた。
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-19 23:57 | りきいし  

コサージュ

みなさん、こんにちは。なかしずです。

3月と言えば卒業のシーズンです。
わが息子もついに保育園を卒園しました。

0歳から6歳まで本当にお世話になりました。
朝から夜暗くなるまで子供ながらにがんばってくれました。

その卒園式に、以前「あいばこ」でフラワーアレンジメント教室を
開催された「コトリ花店」でコサージュを作ってもらいました。
e0195939_9491413.jpg


スカビオサブラックと、サーモンピンクのラナンキュラス・・・。
ハーブのローズマリーがいい香りです。

お友達のママにも好評でした。

たまには生花のコサージュもいいですね。



●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-17 09:31 | 中静 紗結里  

柱と格子

みなさんこんにちは
設計部 松崎です。


人間不思議なもので、広い空間、開放的な空間が好きな一方で、広すぎると生活していて落ち着かないものです。


そんな時、ある程度空間を区切って部屋にする必要があると思うのですが、壁を作ってしまうと、なんだか狭く、暗くなってしまう・・・。
さて困ったものですね。

そんな時にポイントになってくる物の一つに「柱」の存在があります。

e0195939_9352982.jpg


木造ドミノでおなじみの大きな「柱」。
柱があることでなんとなく部屋の区切りを感じることができます。
このあたりは、写真よりも実際に体感していただいた方が分かりやすいかもしれません。

e0195939_9354019.jpg


e0195939_9355164.jpg


同様に、格子も、空間の開放性や明るさを保ったまま空間がを分けることができます。

e0195939_9361765.jpg


e0195939_9364977.jpg


ソファーも後ろに格子を作ると落ち着いた場所になったりするものです。

e0195939_9371393.jpg


部屋の明るさ、広さ、用途を考えて、心地よい場所になるような計画を心がけています。
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-16 09:37 | 松崎  寛  

視線の先

みなさまこんばんは。
設計部木村です。

さて本日は、視線についてです。
視線といってもいろいろあって、外からの視線、内からの視線、リビングからの視線、キッチンからの視線、浴室からの視線、視線の先のこと、などなど。
よく視線が抜けるといいますが、要は広がりを感じてほしいわけですね。
そしてその視線の先に何かがあると、日々の生活も面白くなりますね!

そこで本日の写真です。

e0195939_1923632.jpg

e0195939_19255238.jpg

廊下の先に窓を設けています。廊下って暗い、単なる通路と思われることが多いかと思いますが、このように突き当りに窓を設けることで、廊下の先の何かの気配がわかり、解放感が生まれます。
この窓が壁だったと想像してみるとその違いが分かるかと思います。

いかがでしょうか。
日々こんなことを考えながらチクチクと設計しております。
それではこのへんで失礼いたします。
[PR]

by sekkeibu | 2012-03-15 19:39 | 藤村志津