<   2011年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

大工さん会

こんにちは、穏やかな日和が続き、すごしやすいこの頃ですね。
みなさんはいかがお過ごしですか?仲田です。

先週末は先日オープンした「あいばこ」にて大工さんと勉強会を行いました。
その模様を今日は少しご紹介したいと思います。

司会進行を工事部の新人、桑山が行いました。
本人いわくずごい緊張したようですが頑張って進めていました。
e0195939_12402739.jpg

住まいのワンストップステーション「あいばこ」のネーミングからその考え方、
そしてこれからの活用方法をリフォームメンテ部の佐々木が話します。
e0195939_11571288.jpg

そして「現場清掃、整頓の徹底」の解説を2年生の長野君がおこなったあと、
私のほうで、ドミノの詳細について、現場の大工さんと検討会を行いました。

詳細図面を見ながら詳細の検討です。バルコニーの支持金物、ビス穴の間隔、下屋との関係。
階段の収まり、浴室の収まりなど、多くの細部の話を煮詰めることができました。
e0195939_12591498.jpg

最後に大工さん会の代表秋山棟梁の締めのあいさつで終了です。
時間は30分も押してしまいましたが活発な意見交換会だったと思います。
e0195939_124328.jpg

忘年会もぜひ楽しくできるといいと思いました。
今日で10月も終わり、今年もあと2カ月となりました。
あわただしくなりますが、頑張りましょう。
ではまた。

●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-31 12:59 | りきいし  

安眠環境研究会

みなさん、こんばんは。

本日、OM秋ラボ「安眠環境研究会」に参加してきました。
~快眠につながる「環境」作り~というテーマで
これからの環境づくり、空間設計を考えていくというものでした。

講師は睡眠改善インストラクターの鍛冶 恵さん。
NPO睡眠文化研究会のHPはこちら
睡眠を通して現代社会をみつめるといろいろ見えてくるものがあります。
多岐にわたってわかりやすく講義していただきました。

現代人は睡眠時間が減っています。
不眠症でうつの人も増えています。
電気の発明によりTV・パソコン・24時間コンビニエンスストアなどがあらわれ
本来の人間の生態バランスが崩れているのでしょうか。

人間の体内時計は25時間で、毎日24時間にリセットしているそうです。
朝の光を浴びてリセットしているのですが
そのタイミングがずれると支障をきたします。

そして、「眠り」は「脳」と深い関係があり
睡眠の目的は「身体」を休める一方で
「脳」を育て、守る役割があります。
記憶の定着や整理のために大切な時間なのだそうです。

なかなか、奥深い研究分野です。
興味のあるかたは参考文献などをご覧ください。

眠りに関する参考文献

それでは、また来週。



●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-28 18:30 | 中静 紗結里  

お引き渡し

皆さんこんにちは
設計部松崎です。

本日はお引き渡しが一軒ありました。
お引き渡しをしたのは木造ドミノ住宅です。

e0195939_17444188.jpg


木造ドミノらしい、広々としたワンルームです。

e0195939_17451641.jpg


e0195939_17534792.jpg



無垢の床は気持ちがいい!!


記念写真です。

e0195939_17524129.jpg



本日はおめでとうございました。
今後とも末永くお付き合い宜しくお願いたします。




●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-28 17:54 | 松崎  寛  

配管

みなさまこんばんは。
設計部木村です。

本日は、設備の配管の豆知識を少しお伝えします。

早速写真をご覧ください。

e0195939_21492462.jpg


給水(飲料できる水)、給湯(お湯)の配管です。
ヘッダ工法という施工方法になります。
この工法は、接続部分が大本(ヘッダ)の1か所だけなので、漏水の危険性が低くなる、同時使用でも流量変化(水の流れる量)が少ない、などのメリットがあります。
ちなみにオレンジ色が給湯、水色が給水の管です。直感的にもわかりやすいですね。

e0195939_21553685.jpg

実際は床下などに配管されているため、上のような状況になります。
ヘッダの直近に点検口を設けることで、メンテナンスが容易になりますね。

e0195939_21573754.jpg

これらの管が、各所に配管されていき、水とお湯がでています。
(写真は洗面台を下から覗いたものです)

建ってしまえば目に見えなくなることの多い設備工事ですが、生活をしていく上で、とても重要な位置を占めます。
他にも電気配線、ガス配管等々多岐にわたりが、みなさまも是非その工事ぶりをご覧になっていただければと思います。
蛇口をひねるときも、ああ、あそこを今水が通っているんだ、と思えば設備がより身近に感じられるかもしれません。

本日はこのへんで失礼いたします。

●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-26 21:36 | 藤村志津  

住宅エコポイントの再開

こんにちは、城丸です。

平成23年10月21日に「平成23年度第3次補正予算案」が
閣議決定され、住宅エコポイント制度の
再開が位置づけられました。

再開した目的は、今までの住宅市場の活性化、省エネ化のほかに
東日本大震災復興支援につながる施策の一環としてだそうです。

ですので、名前も今までの住宅エコポイントから、復興支援・住宅エコポイントに
変わりました。

前回のエコポイントが全国一律30万ポイント(円)だったのに対して
今回は、新築の場合、
被災地が同じく30万ポイント
被災地以外は 15万ポイントに変わりました。
また、そのポイントの半分以上を被災地支援に充当することが決められています。
(15万ポイントの半分を被災地の地域産品の交換や寄付にあてる)

実際の申請時期などは、はっきり決まっていませんが
新築の場合の工事対象期間が、閣議決定された10月21日から、来年の10月31日までで
これから着工する建物は、その対象になってきます。

復興支援につながる事なので、該当するお客様には
可能なかぎり、利用して頂けたらと思います。




国土交通省のホームページ


再開後のエコポイントの概要







●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-25 16:51 | 城丸 智也  

住まい教室に想う

こんにちは、仲田です。東京の昨日は暑くて半袖で一日OKでした。体温調整が難しい日が続きますがいかがお過ごしですか?

昨日は営業部と合同で住まい教室シリーズの第3回目「暮らしやす間取りを考える」と銘打って設計教室を開催しました。
150分間を前篇後編の二部構成としました。
手短かに我々5人のスタッフ紹介から開始。

次に私たちが毎回設計するに当たりバイブルのように唱える「設計部5つの心得、設計で旨とすること」を説明。「設計5原則」と呼んでいるものです。
これはかつて目白にあったOM研究所に出向き、永田先生や伊礼さん、迎川さん(今は私たちの上司ですがその時はプロジェクトリーダでした)に設計をお願いした時に打ち合わせで全て習ったこと。設計に際していつも守るようにしてる設計の要点エッセンス集です。

そして事例のスラドショー。私たち設計部が標準化への初の取組みとなった「久米川ソーラータウン」から現在の「青葉町ドミノ」「青葉町アイワークス」まで。
10年間にわたる相羽建設のパッシブソーラーハウスへの取り組みの変遷を紹介。

今ではもう見ることが出来ないかつての歴代モデルハウスの数々を余すことなく紹介させてもらました。でも時間が思いのほか押してしまい、随分と早回しになってしまい反省しきり。
紹介する事例の数が多すぎたようです。次回はもっと絞らないといけない。

後編ではライブゾーニング。設計の実演教室をやりました。
私がホワイトボードにプランを描きながらお客さんと間取りを考えていきます。
課題はやさしかったかな?なんて思っていましたが実際に体験されたお客さんは、
「意外と難しい」と感じられたみたいです。

私は何が難しいのかを考えてみましたが、拝見していると「整理すること」は何とかできてもさらに選択肢がいくつかある場合は「気持ちを決定しないといけない」ということが「うーむ、難しい」と思わせる要因だったのではないかと思いました。

あっという間の150分。なんか走りすぎた感が否めません。
次回はもっとじっくり「伝えたいことをお伝えする」ことに主眼を置くようにしよう。

しかし設計とは「整理して決定していくこと」の繰り返しです。
だから私たちはもっともっと「的確に決めていく力」を磨いていくことが重要なんだ、と改めて思いました。

ぜひまた次回の「住まい教室」でお会いしましょう。

ではまた。

●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-24 23:59 | りきいし  

家づくり教室第3回「暮らしやすい間取りについて」

みなさん、こんばんは。なかしずです。

明日10月23日(日)10:00~12:30 相羽建設本社にて
家づくり教室第3回「暮らしやすい間取りについて」 が開催されます。

第一部:相羽建設の住まいの特徴は?
第二部:事例の紹介から間取りの工夫を知る
関連記事はこちら

私は第二部で使う「間取りパズル」の作成を担当しました。
明日、実際にそれを使ってみなさんにプランニングをしていただきます。

楽しんでいただけるでしょうか?

来週はそのご報告をしたいと思います。

では、また来週。


●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-21 22:11 | 中静 紗結里  

職場体験

みなさんこんにちは

設計部 松崎です。


本日は、東村山市立第四中学校の生徒2人が職場体験へ来ています。



設計部では、模型作りを体験してもらっています。
それでは、今回の完成作品のご紹介です。


e0195939_7303799.jpg



ガレージのある木造ドミノ住宅と


e0195939_7304976.jpg


日本庭園風のお庭のある木造ドミノ住宅





二人とも黙々と集中して模型を完成させてくれました。
集中力を保っての作業、大変だったと思います。
一日お疲れさまでした。


●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-21 07:30 | 松崎  寛  

フィレンツェ!

みなさまこんばんは
設計部木村です。

シエナを後にし、次の目的地、フィレンツェへ向かいました。
ホテルの名は「ブルネレスキ」
昔は牢獄だったらしいということで、どんな内装か期待していましたが、いたって普通。普通のビジネスホテルでした。
フィレンツェといえば、ルネッサンス芸術の代名詞です。ブルネレスキのドゥォモ、ダビデ像、などなど、様々な芸術がみれるまちです。
ガイドさんがいろいろ説明してくれました。親切な方で、豆情報や、現地ならではの情報、いろいろ熱心に教えてくれました。このガイドさんのおかげか、今回の旅ではフィレンツェが一番心に残っています。

e0195939_20264695.jpg

最も古い薬局だそうです。石鹸など売ってました。
e0195939_20284388.jpg

e0195939_20285798.jpg

フィレンツェには2泊しましたが、初日の夕食です。
毎晩、パスタ。この日はペンネでした。メインとして、Tボーンステーキ。写真ではちょっとわかりにくいですが、250mm程あったでしょうか。1人前です。隣でご飯を食べていたアメリカ人らしきグループが驚いていました。

次回もフィレンツェの続編です。
e0195939_20332882.jpg


お楽しみに!
それではこのへんで失礼いたします。
●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-19 20:34 | 藤村志津  

新撰組のふるさと日野

こんにちは、城丸です。

東京の日野市には、「日野宿本陣」という都内唯一の本陣があります。
宿本陣とは、大名などの偉い人が使用した宿舎の事で、
日野宿は多摩川の渡し場を管理する名主によって使われていました。
e0195939_13551668.jpg



なぜ、日野市が新鮮組のふるさとかというと、
新鮮組の副長、土方歳三や 6番隊隊長 井上源三郎が生まれ育った
からだそうです。


日野宿本陣には、佐藤彦五郎が近藤周助に師事して開いた「佐藤道場」がありました。
ここでは、後の新選組局長となる近藤勇や副長の土方歳三、沖田総司、井上源三郎たちが
激しい稽古に励んだようです。
e0195939_1357018.jpg

e0195939_13571131.jpg


日野の街中にあるにもかかわらず、お庭がステキでした。
e0195939_1358816.jpg
e0195939_13581764.jpg


日野市に行かれる方は、よりみちしてみてはいかがでしょうか?


●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-10-18 14:06 | 城丸 智也