<   2011年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

永田昌民設計スクール 最終回 その2

みなさん、こんにちは。なかしずです。

さて、とうとう最終回が終わってしまいました。
あっという間の半年間。過ぎてしまえば早いもの・・・。

各社一人ずつのプレゼンは見ているこちらにも緊張が伝わってきました。
普段、他人のプレゼンを見る機会はないのでとても貴重な時間でした。

その発表の一つ一つに、的確にコメントしていく永田さん。
 
その様子は下記でご覧いただけます。
永田昌民設計スクール第六回(前半)

永田昌民設計スクール第六回(後半)


懇親会でのみなさんの感想にも名残惜しい気持ちと
参加できた感謝がつまっていました。

学生時代に比べると、なかなか時間がとれなくなりますが
「考え続けていく」ことが大事ですよね。

永田さんは
「設計事務所と工務店のプレゼンは少し違っていた。
一つ一つのことを整理して、プロとして提案していく。会話していく。
敷地をよく見て、どういう風景をつくっていくか。
緑があって、窓があって、道行く人の目にとまる家。
よく考えた痕跡が残る家。そんな家をつくっていってほしい。」
と、しめくくられました。
その言葉を実践していかなければと思いました。

また、「この気持ちを持ち続けていくことが大事。思い続ければ叶います。」
という相羽会長のコメントも忘れないようにしたいと思います。

◎今までの講義もぜひご覧ください。
永田昌民設計スクール 過去の放送はこちら

せっかく出会った設計士の方たちとこれでおしまいではなく
今後も情報交換などしていけたらと思っています。

この機会を得られたことに感謝します。
永田さん、みなさんありがとうございました。

それでは、また来週。

●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-07-29 12:43 | 中静 紗結里  

永田設計スクール最終回

皆さんこんにちは

設計部 松崎です。

永田先生の設計スクールも今回で最終回。
計6回の講義の最終回となります。

今回は、各工務店のお客様への初回のプラン提案を想定したプレゼンテーション。
今まで教えていただいたことの総括となります。

私は、相羽建設の代表としてプレゼンテーションをさせていただきました。


大勢の前、しかも皆さんが設計のプロである中でのプレゼンテーション、
また、今回の講義のプレゼンテーションのトップバターということもあり、たいへん緊張しました。
設計の内容とは別のことになりますが、これもまた良い経験をさせていただいたと思います。


都市部の工務店もあれば、地方の工務店もあり、家の大きさも大きいものから小さいものまでさまざま。
形や大きさ、地域性、お客様のご要望、ひとつとして同じものはありません。


しかし、その土地の良い部分を活かしていく、このことは、どんな条件でも、同じ大切なことであると改めて感じました。



講義の後は、今回で最終回ということもあり懇親会です。
前の懇親会と同様、永田先生の歌を聞かせてもらいながら、各工務店の皆さんとのコミュニケーション。
楽しい時間を過ごすことが出来した。


講義を通して、自分がなぜ住宅の設計を目指したのか、どんな住宅を作りたかったのか、再確認することが出来ました。

この思い、経験を大切にして今後の仕事に取り組んでいこうと思います。






●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-07-29 07:30 | 松崎  寛  

2日目の岡です。

こんにちは
二日連続ですが、岡 佐矢可です。

城丸さんに頼まれまして、リレー形式を無視して更新します!

今日は、明日行われるプレゼン会(?)の準備中に感じたことについて書きます。
まず、明日は設計部松崎さんがプレゼンをされます。そのプレゼンの物件の模型を先日、私が担当させて頂いたことで、今日のプレゼン前日打ち合わせにも参加させて頂くことになりました。
その中で最初に思ったのは、

       “こうやってプレゼンの準備をするのか!”ということです。

まず、与えられた10分間の配分を全て書き出して、何をポイントに話すか、何を印象付けたいかなどに始まり、この内容はプロジェクターで見せるだけでいい等の細かい内容のアドバイスを他の設計部の方にしてもらっていました。

会話の中で「プレゼン10分間なんて短いからね、詰め込まないと」という発言を耳にしました。ちなみに私は大学で、自分の設計した家のプレゼンは1人3分だったので、驚きました。3分でさえ、時間いっぱいまで話せるか不安だったのに、10分間が短いなんてどーいうことだ!?と。

何が違うのか考えてみたら、やはりしっかり練られた設計という点でした。どの部分をとってみても、理由があり、デメリットはどこかでそれを補っていて、学生の「こんな感じかな!?」という設計とは格が違いました。


このようにインターンシップで来てからというもの、感じること・考えることがあまりにも多くて、徐々に早く学校に帰って設計課題出してほしいなーなんて、思うようになりました。設計課題は時間がかかるため、授業時間外の時間を相当削らなければならず、以前は大変という印象が一番でした。

でも、今ではそんな印象が薄れ、設計したくてウズウズするぐらいになっているのです。人間、やはり外の世界を見ることは大事ですね、本当に。
私は、私の大学にインターンシップ制度があって、本当に良かったなと感じています。

あと二日。大事にしたいと思います。
お読み頂きありがとうございました。




●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-07-27 16:42  

はじめまして

はじめまして、四国職業能力開発大学校2年の岡 佐矢可です。
先日の中静さんのブログで紹介して頂きましたが、改めまして...

 ただいま2週間という短期間ではりますが、インターンシップ(企業実習)という形で相羽建設さんにお世話になっています。
 将来的には意匠設計を視野に入れているので、今回の実習では設計部のみなさんの中で設計という仕事を肌で体感させてもらっています。とはいえ、私はまだ建築を1年半しか勉強していないので、模型作りであったり、現場に同行させて頂いたりと、見ていることが精一杯のビギナーです!




まえがきが長くなりましたが、今日は昨日に同行させて頂きました国立市S邸の引き渡しについてお話したいと思います♪

 まず、私は引き渡しという現場を見るのは初めてでしたし、新居を建てられたお客様のお顔を見るのも初めてでした。なので清掃しながらお客様をお待ちしている間は、心なしかドキドキしていた気がします。
 
 そうこうするうちにお客様が来られて、引き渡しや諸説明等を横で見ていただけなのですが、お客様の新居での新しい生活への期待感でキラキラしたお顔を見ているだけで、私まで自分のことのように嬉しくなってきてしまって、ずっと顔がニヤついていました♪

e0195939_15423279.jpg



 その中で、この笑顔が建築に関わっている方々の原動力になっているのだろうなと、思いました。これは、建築業だけで言えることではないですが、改めてこのお客様の笑顔を見るために頑張っているんだな、頑張れるんだな、と感じました。
 引き渡しにしか参加していない私ですらこれほど嬉しく思うのですから、もっともっと携わった方々は、それはそれは感無量ですね。

当たり前のことですが、仕事のやりがいはお客様の笑顔ですね。
わかってはいたことですが、改めて胸に刻み込まれた気がします!

あと3日間でインターンシップが終わってしまいますので、その間にできるだけの多くのことを感じて帰りたいです!


以上、インターンシップ実習生岡でした。
お読み頂きありがとうございました。


●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-07-26 15:44  

見学会コラボ

こんにちは、仲田です。先週のひと時の涼しさもどこかへ、台風は一緒に連れて行ってしまいました。台風一過でまた夏再開。熱い毎日が復活しましたがお元気ですか?
さて先週は2つのエリアで見学会を開催させて頂きました。
<国立会場>
「夏の国立、ぶらり街歩き見楽ツアー♪ 桜の見える二階リビングの家完成見楽会」
1.会場「桜の見える二階リビングの家」
2.会場「こいずみ道具店」
3.会場「木造ドミノ 農ある暮らし「佐々木さんの家」見楽会
<三鷹会場>
長期優良住宅先導事業「木造ドミノ住宅 三鷹市野崎の家」完成見楽会、です。
計4会場同時開催というかつてないスタイル、これはもう見学会コラボとでも言いましょうか・・。今回は国立のお宅、見学会のワンシーンを御紹介。
「桜の見える二階リビングの家」はまさに目の前に公園の桜の木が望めることのできる住まいです。リビングダイニングからは全開口出来る窓を介し、バルコニーと、その先の景色へ視線がつながります。
e0195939_0125861.jpg

四季の移ろいを居ながらにして楽しんじゃう、昼寝してると風も心地よい。そんなコンセプトで設計しました。
まずは玄関です。木製の玄関扉と庇、そして板塀がアクセントに。木は見た目にも優しくて、緑にも映えます。板塀はワンクッションあると実際にも安全。緩やかに外と内を繋ぎます。
e0195939_0192272.jpg

1階の廊下突き当りにはニッチェがしつらえられていてディスプレーを楽しみます。
e0195939_0224911.jpg

水回りも1階にあります。浴室へつながるサニタリーには3面鏡を作りました。
e0195939_0394897.jpg

2階リビングに上がってみましょう。
まず目に入るのが造作キッチン。シンク下のオープンスペースの使いやすさが評判。
e0195939_0513459.jpg

そしてそのキッチン横には作業スペースが、デスクカウンターも便利で使い道は広がります。
e0195939_0524965.jpg

居間には可愛い家具が、第2会場の「こいずみ道具店」さんのファニチャーです。
e0195939_0283094.jpg

トイレには小型の手洗いをつけました。ちょっとした雑巾なども洗えます。
e0195939_136285.jpg

そしてこちらは担当監督の荻野が応対中。スツールに腰掛けて来場されたお客様からお話しを伺っています。じっくりと住まいつくりについての素朴な質問にお答えします。
e0195939_0311479.jpg

さあ、階上の小屋裏へ行きましょう。こちらも評判の固定ストリップ階段。
e0195939_042517.jpg

物を持ってロフトへの移動が楽です。
e0195939_1365368.jpg

壁面のブラケット照明は段板の間からも足元を照らします。
e0195939_1136.jpg

そしてロフトを覗くとなにやら楽しげな話し声が・・。ご案内中のお客様と営業部の新君とのトークです。座の姿勢ですからそれこそ話題はなかなか尽きないようです・・、
e0195939_0581270.jpg

小屋裏って不思議と落ち着きますね。天井が低く包まれ感からなのか。あともう一つ思うのですが、この真夏に小屋裏に普通に座って居られるっていうことが、一つの居心地の良さ、性能のひとつを示すバロメーターかもしれません。
e0195939_1165342.jpg

上る暖気はOMソーラーのハンドリングBOXで循環。家全体の空気が淀みません。
e0195939_1205642.jpg

穏やかに空気を動かしてやるのが夏を過ごす上で住まいのワンポイントでしょうか。

●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter

では、今日はこの辺で。
またのご来場をお待ちしております。
[PR]

by sekkeibu | 2011-07-25 23:59 | りきいし  

インターンシップ制度

みなさん、こんにちは。なかしずです。

7月19日(火)より2週間の予定で
設計部にインターンシップ実習生が来ています。
e0195939_11594287.jpg

四国職業能力開発大学校2回生の岡さん

インターンシップとは学生が一定期間企業などで
研修生として働き、自分の将来に関連のある就業体験を行える制度です。
中学生の職場体験もたくさん受け入れていますが
大学生ということで、より実地に近いことをしてもらっています。

e0195939_11595343.jpg


実習として模型を作成してもらっています。
熱心に細かいところまで作っています。

岡さんの学校ではこのインターンシップ実習で単位が認定されるそうです。
四国職業能力開発大学校の案内はこちら
ちなみに、住居環境学科約30人の学生うち女子は3人だそうです。
女性の設計士が増えることは同性としてうれしいことです。

将来の就職活動に役立ててもらえればと思います。

それでは、また来週。









●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-07-22 11:40 | 中静 紗結里  

富士見台の家

こんにちは
設計部松崎です。


e0195939_20114375.jpg



先週に引き続き、国立市富士見台の家
夏の国立、ぶらり街歩き見楽ツアー♪桜の見える二階リビングの家完成見楽会
のご紹介です。

今日は現場に「こいずみ道具店」の家具、小物が運ばれていました。
e0195939_2014978.jpg




かわいらしく、素材の感触が手になじみ、使うとなんだか気持のよい。
そんな家具や小物だとおもいます。


もちろん、棟梁、大工の造る家具も素晴らしいものです。

収納に

e0195939_2093591.jpg


洗面

e0195939_2010781.jpg


キッチン

e0195939_20103537.jpg




他にも随所にこだわりの仕事を見る事が出来ます。



e0195939_20105830.jpg



相羽建設の御提案するのはそんな手づくりの住まいです。
皆さん、ぜひ見学会へご来場ください。






●相羽建設についてもっと知りたい方はこちら  相羽建設ホームページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Facebookページ

●家づくり暮らしを楽しむAIBAコミュニティ  相羽建設Twitter
[PR]

by sekkeibu | 2011-07-21 20:02 | 松崎  寛  

塗料

みなさまこんばんは。
設計部木村です。

本日は塗料について少しお話です。

一般的に塗料というと、ほとんどの方はいわゆるペンキのことを想像するかと思います。
家づくりを考えだすと、例えば床のワックスや、当社においては、お風呂の壁天井仕上げの木に塗る撥水の塗料とか、を思い浮かべられるのではと思います。

塗装、と一口にいっても、様々な材料で様々な仕上げの方法があります。
建築で、特に木造の住宅ということであれば、限られてはきますがそれでも数種類の塗料を場所場所に応じて使い分けています。材料ってそのまま使えるものはあまりなく、なにかしらの形で塗装がかかっているのが普通なのです。
では、どんなものが使われているのか?

e0195939_19303091.jpg


一例の写真です。
仕上げ用、下塗り用、屋外用、屋内用、水に強いもの、木に浸透するもの、様々です。

性能等々、あまり細かいところまで分かる必要もないかな、と思いますが、一番大事なのは、シックハウスに関わる部分です。
ホルムアルデヒド等、シックハウスの原因となる成分をどれだけ含んでいるか、を☆で表されています。F☆☆☆やF☆☆☆☆、といった感じで表現されます。
この☆が多いほどその成分が少ないということになっています。最高はF☆☆☆☆(エフフォースターなどと呼んでいます)

e0195939_19505141.jpg


その昔この決まりごとができたときは、自然塗料で有名だった某メーカーが、フォースターをとれていなく、ひと騒動あった記憶があります。

現在はほとんどの塗料はこのF☆☆☆☆がとれています。もちろん当社で使用している塗料もとれいています。ご安心ください。

以上、塗料についてでした。
それではこのへんで失礼いたします。
[PR]

by sekkeibu | 2011-07-20 19:51 | 藤村志津  

上棟式

みなさん、こんにちは。なかしずです。

先週末にさいたま市S邸の上棟式がありました。
くわしい内容はこちらをご覧ください

e0195939_13233969.jpg


S邸は木造ドミノOM長期優良住宅です。

ところで、上棟式は設計士にとってうれしい瞬間です。
 
 打合せをし、 図面を作成し
 確認申請や長期優良住宅の申請業務を終え
 プレカット図などのチェックを経て

建物が形になるのが上棟(建て方)です。

最近はプレカット工場で構造材(柱や梁など)はあらかじめ用意されますから
建て方は屋根まで1日ですばやく組み立てられて
雨に備えることができます。

その頃に上棟式が行われますので、「ホッとする」瞬間なのです。

そして、こんなごちそうまでいただけて
e0195939_20412855.jpg


ごちそうさまでした!おいしくいただきました。

Sさん、おめでとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。

それでは、また来週。
[PR]

by sekkeibu | 2011-07-16 20:47 | 中静 紗結里  

富士見台の家

こんにちは設計部松崎です。

相羽建設HPでは
『夏の国立、ぶらり街歩き見楽ツアー♪
  桜の見える二階リビングの家完成見楽会』

と紹介されている、国立市富士見台の家へ行ってまいりました。



見学会も目前ということでHPでも沢山紹介されています。

営業部 遠藤さんのブログ
工事部 荻野さんのブログ

相羽建設のHP


ちなみに今度リフォームメンテナンスのモデルハウスをデザインしていただく
プロダクトデザイナー小泉誠さんのお店
HPはこちら

こいずみ道具展の小物もしつらえられるそうです。

さらに相羽建設スタッフ 佐々木さんの自宅である木造ドミノ住宅もご見学いただけます。


暑い盛りですが
「ぶらり歩きツアー」
皆さんお楽しみください


それでは少しだけ現場の紹介です。

まずは外観です。

e0195939_2056138.jpg


黒のガルバリウム鋼板の外観です。
まだ小さいですがポストの奥にはこの家のシンボルツリー
ハート形の葉っぱが可愛い『カツラ』の木があります。

部屋の中や玄関からもカツラの木が目に入ります。


e0195939_2115248.jpg



二階へ向かうと・・・・

e0195939_2124091.jpg



目の前に公園の緑です。
今は元気よく緑の葉っぱが茂っています。
花の季節、紅葉の季節と四季を感じさせてくれます。
日本ならではの贅沢ですね。


e0195939_2153061.jpg


奥さんこだわりのッキッチンにはちょっとした秘密もあります。
皆さん見学会でご確認ください。




他にも見どころは有りますが今回はこのへんで。
皆様のご来場お待ちしております。


e0195939_2173739.jpg

[PR]

by sekkeibu | 2011-07-14 21:19 | 松崎  寛