<   2010年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

もちつき大会を支えた影の主役たち。

こんにちは。城丸です。
日曜日に開催した もちつき大会の準備を
昨日に引続き、紹介致します。

会長自ら、野菜をカット。   社員との語らい いい笑顔です。
e0195939_17432970.jpg


会長のみならず、会長の孫もお手伝い。
来年も再来年もお手伝いよろしくね。
e0195939_17443684.jpg


お肉の丸焼きの為に、鉄の棒を差す。
毎年若手社員が専任されて、今年は工事部の長野君が任命されました。以外とむずかしい仕事です。
ひやかしに囲まれてます。
e0195939_17472745.jpg


バックヤードでも、準備に余念がないです。
e0195939_17524278.jpg


大工さんは、こんにゃくいもを用意し、毎年おいしい田楽を作ってくれます。
e0195939_17554317.jpg
e0195939_17555525.jpg


みなさんのおかげで、とても楽しいもちつき大会になりました。
本当にありがとうございました。
e0195939_1812642.jpg
e0195939_181391.jpg


今年は、ありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。
[PR]

by sekkeibu | 2010-12-28 18:07 | 城丸 智也  

もちつき大会

こんにちは、仲田です。
昨日は恒例のもちつき大会を青葉町の作業場「Ai-Woraks」で開催しました。
今日はその模様や仕込みを少し紹介したいと思います。

まず前日から野菜など切ったりして下ごしらえ。
そしてセットしてある3基の蒸篭(せいろ)釜に火をおこします。
さあ、もち米をといで蒸しだします。

8:30頃から初つきです。まずは新社長がこねます。
e0195939_2142422.jpg

まだお客様は見えてません。

こちらは肉の用意です。牛肉の足50キロです。毎年大人気です。
e0195939_21183142.jpg

午前と午後で2本焼きます。

魚屋さんも来てくれます。
なんと、ぶりの解体ショーがあります。
こちらも2回実演です。
ことらも大人気で、すぐに売り切れてしまいます。
e0195939_21502825.jpg

e0195939_22111130.jpg


10:30頃からお客様の御来場がぐっと増えてきます。
こちらは2回目の牛肉を串にさすところです。
e0195939_21461352.jpg

熱く焼いた串を肉に刺すのは難しいんですよ。

レアで頂いてももとても美味しい。
e0195939_22121864.jpg

やはり14:00頃までがピークでしょうか。
e0195939_2151034.jpg


射的コーナーもあります。子供達に大人気です。
e0195939_21581454.jpg

さあ、何に当たるかな・・?
他に、綿飴、ポップコーンもあります。

こちらは臨月の妊婦さんです、きっと元気なお子さんが生まれますよ。
e0195939_22491985.jpg

今年はもち米280キロをつきました。
2基の臼で大丈夫かなと思いましたが、1台去年から登場した
自動餅つき機も頑張ってくれて16:30にはつき終わりました。

あっという間に1日は終わり、片付け、
e0195939_2281259.jpg

e0195939_2255418.jpg

そして新社長の3本締めで終了です。
e0195939_2242672.jpg


毎年お越しいただくお客様が増えていて、昨年は100組。
今年はなんと160組のお客様にお越しいただきました。
62%増です!(多分人数ですと500名超ですか)
大盛況でした。

ご来場頂いたお客様、本当にありがとうございました。
来年も心よりお待ちしております。
(まだのかたはぜひ来年はお越しください、全て無料です)

そしてブログも今日で今年は最後の更新になります。
お読み頂き、誠にありがとうございました。
みなさまも良いお年をお迎えください。また新年にお会いしましょう。

ではまた。
[PR]

by sekkeibu | 2010-12-27 22:27 | りきいし  

洗面カウンター

みなさん、こんにちは。なかしずです。

今日はクリスマスイヴですね~。

さて、今回は新しい洗面カウンターのご紹介をします。
こちらは全景です。洗面カウンターとメディスンキャビネットのセットになっています。
e0195939_1851638.jpg

御影石(白)のカウンターです。
ボールはTOTOのアンダーシンクタイプのものを採用しています。水栓もTOTO製です。
e0195939_18122065.jpg

メディスンキャビネットです。扉を閉じた状態です。
e0195939_1814893.jpg

それを開けると、扉の内側に鏡が貼られています。棚板はガラス板になっています。
歯磨きやお化粧をする際には扉を開けて使うタイプです。
窓も欲しいし、鏡も欲しい・・・。という場合に活躍します。
e0195939_186495.jpg

材料はメルクシーパイン材(ポプラの木)、無垢板です。

これらは新たな試みとして、工場であらかじめ製造された状態で納入されます。
工期の短縮を目的としています。
今回、洗面カウンター以外にもキッチン、下足入れを造りました。
1月末頃の見楽会でご覧いただける予定です。

また次回、下足入れなどをご紹介したいと思います。

今年最後のブログ更新となります。今度は2011年にお会いしましょう!
それでは、みなさん よいお年をお迎えください!!
[PR]

by sekkeibu | 2010-12-24 18:36 | 中静 紗結里  

工夫

みなさまこんにちは。
設計部木村です。

本日は設計するときの工夫を少々お伝えします。

いろいろな建築家の方々も言われていますが、空間をすっきりと見せるにはちょっとしたテクニックというか、配慮が必要です。
ボリュームそのものや、そのボリュームと窓の関係、はたまた窓から見える景色などありますが、今回ご紹介するのは、線をなるべく無くす、ということです。
線ってなんですか?
はい、例えば部屋の天井と壁の境目、違う材料同士のぶつかるところ、素材に入っている(木の目)
など、いろいろありますが、この線をなるべく少なくすることですっきりと見えます。あるいは、どうしても見えてしまうところは、部材の厚さを少なくしてあげたり、線をそろえたりするとすっきりと見えます。仕上げ材をそろえるのも有効な手段といえるでしょう。

狭い空間ほど威力が発揮されます。
例えば洗面脱衣室。この部屋は様々な要素が入り込むので、雑然としがちです。しかし、ちょっとひと工夫すると、

e0195939_1716326.jpg


窓の高さ、鏡の幅、物入れの幅、高さそろっています。
なんだかすっきりしていませんか?

また、建具まわりも一工夫です。

e0195939_1717549.jpg


レールを埋め込んでいる鴨居(上部の枠)、実はこれ2センチ7ミリあるんです。これを天井内に埋め込んで5ミリだけ見えるようにしています。野暮ったくないと思うのですが、いかがでしょうか。

当社の建物は、そういった工夫が随所にあります。そういうものをお伝えしていければいいなと思っています。

それでは、失礼いたします。
[PR]

by sekkeibu | 2010-12-22 17:21 | 藤村志津  

東京湾で納竿

こんにちは、城丸です。

師走に入り、慌ただしい日々を送っている中で
今年最後の釣りへ行ってきました。

目的地は、東京湾 金沢八景。
今年の竿納めが一匹も釣れない坊主にならないように、
釣れる魚アジをねらいに行きました。ゲン担ぎです。
e0195939_1544350.jpg


出港場所は、八景島シーパラダイスのすぐ近くです。
遠くに、海に突き出たサーフコースターが見えます。
e0195939_1522405.jpg


大きなアジがヒット。
塗装屋さん
e0195939_1594511.jpg

内装屋さん
e0195939_1510111.jpg

基礎屋さん
e0195939_15101850.jpg

そして私。
e0195939_15105437.jpg



さすが東京湾、釣りをしている場所を、大型の貨物船がひっきりなしに行き来していました。
e0195939_15124731.jpg

海上保安庁の船も。海猿を思い出します。
e0195939_15134968.jpg



来年も、こうして健康で楽しく釣りが出来る様に、
これからも、よろしくお願い致します。
ありがとうございました。
e0195939_1520516.jpg

[PR]

by sekkeibu | 2010-12-21 15:28 | 城丸 智也  

国宝です

こんにちは、相羽建設、設計部の仲田です。
弊社が業を営ませて頂いているこの東村山市には、都内唯一の国宝建造物があります。
「正福寺 千体地蔵堂」のことです。ご存知でしたか?

e0195939_23442863.jpg

この建物は鎌倉の「円覚寺舎利殿」とともに唐様建築を今に伝えるとても希少な建物です。
e0195939_23205440.jpg

欄間、窓、そして屋根の反りが建物の特徴です。
e0195939_23212269.jpg

これはレンズのせいではありません。本当にこんなに反りあがっています。
e0195939_23225215.jpg

観て下さい、軒天の化粧垂木の納まりだけ見ても半端な技術ではできません。
そして、ほんとうに美しい。
唐様式の当時の建物のエネルギーとそして勢いが感じられます。
建立は室町期の、応永14年(1407年)です。もう600年も経っています。
時の執権、北條時宗が鷹狩に出掛けた際、夢で見た地蔵菩薩から頂いた薬で病が治ったことからこの地蔵堂は建てられました。
建物に近づくと、現し仕上げの欅の柱と各部の木材の表面は天然の「うづくり」仕上げ状態となっています。
でもそんな木肌を眺めると時の流れを感じることが出来ます。
e0195939_23373740.jpg

堂内には多くの小地蔵尊像が祭られています。
これは堂内の小地蔵尊をお借りして、祈願が叶えばまた1対添えてお返しする。
という江戸時代の地蔵信仰が盛んだった時期に由来しています。
奉納者は地元の方はもちろんですが、所沢、国分寺、小金井などまで及んでいたそうです。
そんなこの建物ですが、ふと気付いたのは・・
ちょっと保存状態がラフ過ぎないかな・・なんて。
多分、私の気のせいだと思います・・

みなさんも、機会があればぜひ立ち寄って、いにしえからの時の流れをご体験されてはいかがでしょうか?
スケッチされている方がいて、覗かせてもらったら、一瞬ほっとした気分になれましたよ。
ではまた。(拝観は外からなら無料です) 
[PR]

by sekkeibu | 2010-12-20 23:52 | りきいし  

雑木林の家におじゃましてきました

みなさん、こんにちは。なかしずです。

先日、松が丘にある「雑木林の家」におじゃましてきました。
e0195939_11285287.jpg

お引渡ししてから約4年経っていますが、少しずつ手を加えられて
竣工当時に比べるとだいぶ雰囲気が変わっていました。
家と庭をつなぐデッキやパーゴラができてからの暮らしはとても気持ちよさそう。
2階のリビングからは庭ごしに山へ視線が抜けます。
傾斜地につくられた庭は、場所によって違った眺めが楽しめるそうです。
「雑木林の家」のくわしい紹介はこちらをごらんください

庭の植物にも家の調度品にも、Nさんのセンスが光っていて見どころ満載!
ついついたくさん質問をしてしまいました!
e0195939_11334576.jpg
    
  「自然と共に暮らしを楽しむ」 ことはやっぱりいいですね。
四季を感じ、満ち足りた「時間」を過ごせます。
Nさん、ありがとうございました!

では、また来週。
[PR]

by sekkeibu | 2010-12-17 12:09 | 中静 紗結里  

多摩工業高校・インターンシップ

皆さんこんにちは
本日は多摩工業高校の2年生が、相羽建設にインターンシップとして来てくれました。

設計部では実習として模型を作ってもらっています。


今回は皆さんこだわりの力作ばかりです。


e0195939_632810.jpg

ガレージのある家

e0195939_6325739.jpg

大きな木のある家

e0195939_6334630.jpg

オリジナルのカラーリングが目を引きます。

e0195939_6344071.jpg

池のあるこの家ではドアノブまで作ってくれました。

e0195939_6355341.jpg

バスケットゴールがあります。
エントランスまでのアプローチもきれいです。

e0195939_6373172.jpg

木製建具を再現してくれました。

e0195939_638324.jpg

広いデッキが気持ちよさそうです。



最後は相羽会長のお話を真剣に聞いています。

e0195939_640795.jpg


一日お疲れ様でした。
[PR]

by sekkeibu | 2010-12-16 23:25 | 松崎  寛  

検査

こんにちは。設計部木村です。

先日家具の検査に呼ばれて、いろいろ意見を述べてきました。
キッチン、洗面化粧台、下駄箱
図面を眺めているだけではわからない、現場で実際据えてみてどうなのか、といったところで
まー細かいのですが、実際使う方にとっては意外と重要な点をいろいろとまとめてきました。

こんな地道なことが、よりよいものをつくる、ということなのでしょう。

e0195939_14532739.jpg

ご存知弊社常務の迎川です。いろいろ質問をしていました。

e0195939_1504499.jpg

業者さんが、指摘された点を確認しようとしています。

日々改善ですね。

それでは失礼いたします。
[PR]

by sekkeibu | 2010-12-16 15:02 | 藤村志津  

大磯ぶらり旅

こんにちは、城丸です。

先日、神奈川県の大磯へ、工事部の仲間とぶらり旅をしてきました。
目的は、大磯漁港直営のごはん処 『めしや大磯港』で
新鮮なランチを食べよう!です。

開店が11時30分からだったのですが、早めに現地へ着いたので
漁港近くにある鴫立庵を見学しました。(昔の俳句道場)
e0195939_1750652.jpg


ひっそりとたたずむ、落ち着いた雰囲気。のどかな感じがして心が落ち着きます。
e0195939_175255.jpg

ねこも絵になってます。
e0195939_1753652.jpg


そして、いざ大磯漁港へ
e0195939_17563089.jpg

e0195939_17564418.jpg

めしや大磯港はメニューは決まってなく、刺身定食、焼き魚定食、煮魚定食など、それぞれ限定30食とかになっています。

カンパチ塩焼きの定食
e0195939_181010.jpg


カマスの焼き魚定食
e0195939_1812457.jpg


その日の朝に採れた魚なので、新鮮でとてもおいしかったです。
その代わり、不漁やしけで漁に出なかった日は、お休みだそうです。
近くを通った時には、ぜひお立ち寄りください。
めしや大磯港

その後、帰りがけに旧島崎藤村邸を見学。
e0195939_1855981.jpg

e0195939_1884679.jpg

太平洋戦争に備え、ご高齢だった島崎藤村は、ここに移り住み、終焉の地となったそうです。
この時代の建物は、風情があり落ち着きます。
e0195939_18194763.jpg


時間がゆっくり過ぎていく感じがして、いい休日となりました。
みなさんも、ぶらりと旅をしてみてはいかがですか?
ぶらり大磯港
[PR]

by sekkeibu | 2010-12-14 17:49 | 城丸 智也