<   2010年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 

御影石

こんにちは、松崎です。
9月ももう終わり。
最近はずいぶんと涼しい日が続いていますね。

少し前ですが、連休を使い四国、瀬戸内海へ行ってまいりました。

この地方は石の産地と言うことを一緒に行った友人(造園をやっています)に教わりました。


特に御影石の産地と言うことであちらこちらに御影石が使われています。

e0195939_2327697.jpg


e0195939_2327518.jpg


ちなみにここは銅の精錬所跡地を、再生し、展示しています。
館内は煙突効果を利用しエアコンがありません。

e0195939_23283387.jpg


こんな石の喫茶店もありました。

e0195939_23285962.jpg


驚いたのは岬の岩肌
これもほとんど御影石。


e0195939_23293397.jpg


岩肌を近くで見るとこんな感じです。
簡単に手で崩すこともできます。

e0195939_233032.jpg



きっと、友人が石に詳しくなかったら気がつかなかったと思います。
新発見のあった旅行でした。
[PR]

by sekkeibu | 2010-09-30 23:11 | 松崎  寛  

シナ合板

みなさまこんばんは。
設計部木村です。

本日は当社でよく使う、シナ合板についてちょっとお話です。

昔はシナ合板なんていったらラワン合板とならんで、押し入れの中など見えないところに使われる、安い材料、べこべこでたたいたらすぐ割れる、仮設建築みたいなものだと思われていたようです。
今でもご年配の方は、室内にでてくると嫌悪感をあらわにされることもあります。
しかし、安い材料でも使い方によってはきれいに見えたり、木目がうっすらとでるので木の質感がわかって面白く使えたりします。
また、私どもは家具(キッチンや収納など)も大工さんに作ってもらうことが多いのですが、その構成材料はほとんどシナの合板を表に貼った、ランバー材(心材に合板を貼り合わせたもの)を加工して作っています。また扉の仕上げもシナ合板、壁にもシナ合板を使ったり、天井にも貼ったりします。言いかえると、シナ合板だらけの建物といっても過言ではないのです。
本日はその一例をご覧になっていただこうかと思います。

e0195939_19264363.jpg


シナ合板を使った家具と、奥にはシナ合板を使った扉が見えますね。

e0195939_19275392.jpg


壁仕上げにシナ合板を貼った個所です。予算を減らすために、塗り壁より金額の低いシナ合板を貼ることもあります。使い方には注意が必要です。

e0195939_1929529.jpg


シナランバーで作った家具、これは本棚ですね。壁はシナ合板。まさにシナ合板だらけ!納戸の壁仕上げに使うことで、後から棚などを容易につくれます。シナ合板は棚の下地にもなるのです!

e0195939_19311073.jpg


シナ合板のみで作ったキッチンです。こうなると立派な仕上げ材ですよね。

e0195939_19321931.jpg


天井がシナ合板。こちらもシナ合板だらけ!でもなぜか落ち着きますよね。やっぱり木の風合いが素晴らしいのだと思います。

ここで注意は、板と板がぶつかるところの処理です。よーく見ていただくと、少し隙間があいてます。これが目透しと呼ばれるものです。合板といえども木ですから、当然、微妙に反っていたり、厚みが違ったり(コンマ何ミリの世界ですが)しますので突きつけてしまうとそれが目立ってしまいます。それを目立たなくさせるテクニックなのです。またこの目透かしがあることで線が1本通り、べたっと間延びしない空間に感じられるのです!奥が深いですね!

では本日はこのへんで失礼します。
[PR]

by sekkeibu | 2010-09-29 19:52 | 藤村志津  

コミュニケーションスケッチ

こんにちは、城丸です。

お客様とのお打ち合わせの中で、住まいのイメージをスケッチに書いて
ご説明する機会が、たまにあるのですが、
その都度、絵の下手な私はもっとうまくスケッチを書けたら、もっとうまく伝わるのにと
感じます。

そこで、初歩から勉強しようと思い練習本を購入しました。

第1段 その名もメモスケ(メモ・スケッチ)
e0195939_12584134.jpg

10秒のスケッチ。出来るだけ少ない線で書きます。
e0195939_1301016.jpg


第2段 コミスケ(コミュニケーション・スケッチ)
e0195939_13209.jpg

1分のスケッチ。お客様の話を聞きながら書く感じです。
e0195939_1342576.jpg


第3段 プレスケ(プレゼンテーション・スケッチ)
e0195939_1345549.jpg

3分のスケッチ。これも打合せ中に書く感じですが、場の空気を読んで書くようでしょうか。
e0195939_1382650.jpg


すこしずつ練習して、分かりやすい打合せができるように
がんばります。

e0195939_13102651.jpg

[PR]

by sekkeibu | 2010-09-28 13:11 | 城丸 智也  

マネジメント勉強会

こんにちは、仲田です。すっかり涼しくなって参りましたね。
秋の長雨、季節の変わり目ですね。
つい寝冷えなどして、風邪には気をつけていきましょう。

今日はさきほどまで、勉強会でした。
役職以上の人間が集まって、この5月から始めた経営管理者養成講座です。

この勉強会はまさに、あのピーターFドラッカー著「もしドラ」
を素材に開かれている有志による勉強会です。
わが社での発案、リーダーは専務です。

GW中にまず一通り読んで、それを素材に始まりました。
「もしドラ」、うーん表紙がまず鮮烈でしたね。
e0195939_22251722.jpg


あなたにとって「顧客」とは?なんて感じで始まりました。
そのうちストーリーに入り込んでしまいました。

「週間ダイアモンド」の特集まで買ったりして・・
ヒロインのモデルになった峯岸みなみさんも出てて、初めて顔と名前が一致。
e0195939_2227445.jpg


進めるうちに皆熱くなり、エッセンシャル版へついに突入です。
e0195939_22232651.jpg

難解な章もありましたが、それも先々週の回で読み終わりました。

うーん、難しかったけど今「もしドラ」を読み返してみたら・・
初回よりぐっと自分にも落とし込めやすくなっているのではないか・・
なんて思ってます。

今日は、会社の新しい「経営理念」について考えました。
e0195939_22294968.jpg

まだ勉強会は続きます。気が付くと、
これはまさにラーニングオーガニゼーション。

今後の展開も楽しみにしてください。
ではまた!
[PR]

by sekkeibu | 2010-09-27 22:45 | りきいし  

ママチャリGP

皆さん、こんにちは。
松崎です。

何度かこのブログでもお知らせしていますママチャリGP。
昨日が本番、私も参加して参りました。

これまでの経緯はこちら。

http://sekkeibu.exblog.jp/13228344/

城丸主任が企画、ブログでUPしています。


会場は、フジスピードウェイ。

e0195939_21241968.jpg


e0195939_21253141.jpg


天気はあいにくの雨ですが参加者は沢山。
90チームによる6時間の耐久レースです。

e0195939_21265735.jpg


みんなコンディションの悪い中飛ばします。

e0195939_2128777.jpg


営業部・遠藤さんの長男です。
快調に飛ばします。

e0195939_21315580.jpg


アクシデント多発の最終コナー
なぜか余裕のカメラ目線は、リフォームメンテナンス部の佐々木です。

e0195939_21331348.jpg


マシンのメンテナンスも重要です。
こちらは工事部・和田さんの長男。


さてさて、続きの報告はあるのかな?
[PR]

by sekkeibu | 2010-09-24 21:07 | 松崎  寛  

パパ・ママのための写真講座 「Photo cafe」

みなさん、こんばんは。なかしずです。

祝日の本日、青葉町の木造ドミノモデルハウスにて開催された
パパ・ママのための写真講座 「Photo cafe」に参加してきました。
「Photo cafe」の案内

なかなか思うように我が子の写真が撮れない!と思っている方は結構多いようで
この日の講座には6組の方が参加されました。

プロのカメラマンによる上手な写真の撮り方についてのレクチャーのあと
まずは実践!ということで、実際に撮影をしてみることに。

30分ほどモデルハウス内でそれぞれ撮影したのち
ヨーガンレールの無農薬茶と要吉ポテトで歓談しつつe0195939_10275455.jpg
写真をモニターで見ながらカメラマンの方に講評をいただきました。
終了後「ちょっとしたコツをつかむことで、これから撮影が楽しくなりそう」
とのコメントをいただき、まずは大成功の講座でした。

次回はさらにつっこんだ内容で第2弾が予定されているそうです。
是非お楽しみに!
[PR]

by sekkeibu | 2010-09-23 22:59 | 中静 紗結里  

現地

こんばんは。
設計部木村です。

暑いですね。9月ももう下旬にかかろうとしているのに、この暑さ。

さて、本日は設計にとりかかるにおいて最も大事な、現地調査についてです。
プランをするときは現地を見に行くのですが、やはり現地に行くと発見することがたくさんあります。
その町の雰囲気、道路の状況、当該敷地と隣地との関係(建物の窓位置、敷地の高低差、換気扇や室外機の位置等)などなど数えたらきりがありません。

本日は現地調査でとった写真のいくつかをご紹介します。

e0195939_1846588.jpg


L字溝がない土地。境界はプレートが入っていてしっかりしてますね。最終マスもあるので、下水の取り出しはなさそうです。

e0195939_18481555.jpg


高低差のある土地。土留めのコンクリートよう壁はしっかりしていそう。これなら近づけても大丈夫そうですね。

e0195939_18491415.jpg


おっと、でました室外機。これはエコキュート用でしょうか。いずれにしても風が吹いてきそうですね。

e0195939_1850626.jpg


む。狭い。要注意ですね。

などなど、千差万別、ひとつとして同じ状況はありません。
みなさんも、敷地の周りの状況、あらためて見てみると面白いですよ。

それでは本日はこのへんで失礼します。
[PR]

by sekkeibu | 2010-09-22 18:53 | 藤村志津  

アウトドアな一日

こんにちは 城丸です。
先日の連休に、秋川渓谷へ山歩きへ出かけてきました。
だいぶ涼しくなり、川の水も冷たく気持ちの良い季節になってきました。
e0195939_15302478.jpg

石畳の歩道を通り、身長ほどある草木を突っ切り
e0195939_15362654.jpg

大きな岩をチェーンを使って超える。けっこういい運動になります。
e0195939_15365758.jpg



赤とんぼ もう秋です。
e0195939_15413738.jpg


鴨?
e0195939_15421184.jpg


山歩きのあとは、早川工事部長さんのお宅でバーベキュー!
なかなかアウトドアな一日でした。
e0195939_1544393.jpg

早川さん、ごちそうさまでした。
[PR]

by sekkeibu | 2010-09-21 15:46 | 城丸 智也  

時代家具

みなさんこんにちは、仲田です。暑さも和らぎ秋めいてまいりました。お元気ですか?
私は週末、祖母の27回忌の法事に行って参りました。私の祖先は渋谷に眠っていて、そこは街中にあるお寺さん。墓地も狭くなり檀家さんの相当数は近年併設された立体墓地に移されておりました。
でも私の祖父母の墓は古くからお世話になっていたせいか、いまだ露天に設けられており、
明るい中お参りが出来ました。先祖、肉親にあらためて感謝です。

さて、皆さんはどんな家具が好きですか?北欧、韓国の李朝?はたまた、無印良品やikeyaの家具・・
私もどれも好きですが、骨董や民芸調の家具も味があっていいですよね。

先週寄ったお店。雰囲気あります。
e0195939_032128.jpg

入り口です。
e0195939_043060.jpg

扉を開けたそこには・・こんな家具がありました。
e0195939_055469.jpg

そう、みなさんもご存知、懐かしの「階段箪笥」です。

この「階段箪笥」は幅も広すぎず高さもちょうどでした。
e0195939_062895.jpg

良い雰囲気だと思いませんか?私のために店のかたが親切に寸法をメモしてくれています。
色もいいですね。

こちらは赤味があるタイプ。存在感あります。
e0195939_085766.jpg

色は好みですが。どちらも総欅づくりです。姿がいいですよね。

ロフトまで上るはしごや、固定階段の代わりにすればとてもいいのでは・・なんて思いました。
沿わす壁に手すりを付けると安全ですね。

他にも味のあるスタディーデスクや椅子。
町のお医者さまが、さっきまでさも座っていたような袖付きの回転椅子や薬棚。
和室の欄間、・・いろんなものがなんかたくさんあって、楽しい世界でしたよ。

ではまた。
[PR]

by sekkeibu | 2010-09-20 23:59 | りきいし  

玄関収納

皆さんこんにちは、相羽建設 松崎です。

今年のプロ野球はセリーグ、パリーグともに接戦です。
私の応援する千葉ロッテもクライマックスシリーズに進出できるかの瀬戸際です。

10月には久しぶり応援レポートをしたいものですが・・・・
頑張れ千葉ロッテマリーンズ。


その野球で使うグローブ。
私の場合そこから玄関を連想してしまいます。
子供のころ、グロローブは玄関の収納に入っていました。
その引き出しをあけるとグローブ独特の革の匂いがしていました。
そんなことから、私にとってグローブのにおいをかいだり、汚れた革を見たりするとすると子供のころの玄関を思い出します。


さてさて、前置きが長くなりましたが。今回は玄関収納を少し紹介します。

e0195939_0131489.jpg


まずはスタンダードなもの。
手前がカウンター、奥が天井までの収納になっています。

手前、奥ともにカウンターにしたもの。これは少し収納量が減りますね。
手前奥ともに天井までの収納にしたもの。少し圧迫感があります。

これといってきまった形はありませんから、生活スタイルや、家族の人数、趣味に合わせて考えましょう。

e0195939_0133093.jpg


これは傘立てを組み込んだものです。

e0195939_0134972.jpg

ときにはこんな玄関収納を造る場合もあります。
左右ともに天井まである収納です。
床には石を貼っています。
e0195939_014494.jpg


上のような立派な土間収納は作れなくとも、自由に使える土間収納を小さくても造る場合があります。特にアウトドアや、ガーデニングの好きな方に人気です。

e0195939_01420100.jpg


少しわかりにくいかもしれませんが、左の奥が収納です。
さて、皆さんはどんな収納がお好みでしょうか?

以上、松崎でした。
[PR]

by sekkeibu | 2010-09-17 23:54 | 松崎  寛